このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

トップレベル事業所

ページ番号:831-370-722

「トップレベル事業所(優良特定地球温暖化対策事業所)」とは、「地球温暖化の対策の推進の程度が特に優れた事業所(優良特定地球温暖化対策事業所)」として、「知事が定める基準」に適合すると知事が認めたとき、当該対象事業所の削減義務率を地球温暖化の対策の推進の程度に応じて軽減する仕組みです。

新着情報

2021年7月15日東京都では、緊急事態宣言の発令を受けて、認定申請の提出が、9月末日の期限を経過した場合でも10月末日までに提出いただければ、受理することといたしました。
2021年6月16日令和3年度のトップレベル認定申請に関する説明動画を掲載しました。こちらをご確認ください
2021年5月25日

令和3年度に認定申請及び適合状況報告(令和2年度実績の評価)をする際の暫定取扱いについて、説明動画及び資料を掲載しました。こちらをご確認ください。

令和4年度に認定申請及び適合状況報告(令和3年度実績の評価)をする際につきましても、一部暫定取扱いを適用することができます。詳細につきましては、以下資料をご確認ください。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。【令和4年度用】 「トップレベル事業所における一部項目における暫定取扱い」について(PDF:1,342KB)

2021年4月30日東京都では、緊急事態宣言の発令を受けて、適合状況報告書の提出が、6月末日の期限を経過した場合でも7月末日までに提出いただければ、条例上の罰則は課さないことといたしました。
2021年4月1日

優良特定地球温暖化対策事業所の認定基準、認定ガイドライン2021(令和3)年度版を公表しました。
地球温暖化対策推進状況評価ツール(区分Ⅰ区分Ⅱ)の2021(令和3)年度版を公表しました。
検証ガイドライン検証チェックリスト2021(令和3)年度版 を公表しました。

2021年3月25日令和2年度トップレベル事業所の認定事業所が決まりました。外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら!(外部サイト)

主なスケジュール(2021(令和3)年度)

 ●6月   認定申請に係る説明について動画を掲載
 ●6月末日 基準適合状況の報告締切 ※7月末日まで免責
 ●9月末日 認定申請締切 ※10月末日まで免責
 ●年度末  専門家委員会の審査を経て、適否を決定し通知

認定事業所一覧

 ●優良特定地球温暖化対策事業所に認定された事業所一覧はこちらをご覧下さい。NEW

制度概要について

 ●制度の概要については説明会資料をご覧下さい。
 ※削減義務率の区分に応じて、それぞれのページをご覧くだい。

認定基準について

 ●優良特定地球温暖化対策事業所に適合する為の認定基準はこちらをご覧下さい。

提出書類について

 ●認定申請に必要な提出書類についてはこちらをご覧下さい。
 区分Ⅰ こちら 区分Ⅱ こちら

ガイドラインについて

 ●認定申請の手順、評価書等の作成方法、認定基準の解説等は認定ガイドラインをご覧下さい。
 ※令和3年度に認定申請・適合状況報告をする場合に限った、暫定取扱いに関する別紙も掲載中
 区分ⅠⅡ こちら

ツールについて

 ●認定申請に用いる評価ツール、調書作成ツール及び記入例についてはこちらをご覧下さい。 
 区分Ⅰ こちら 区分Ⅱ こちら

検証機関について

 ●認定申請に必要な、検証を行うことができる東京都に登録済の検証機関については こちらをご覧下さい。

基準適合状況の報告について

 ●認定後に必要な認定基準適合に関する報告についてはこちらをご覧下さい。
 区分Ⅰ こちら 区分Ⅱ こちら
 ○過去の認定基準・認定ガイドライン・ツール等についてはこちらへ 

説明会について

 ●制度の概要や、申請に係る留意点等の説明会の開催予定、及び過去の開催一覧はこちらをご覧下さい。

ご質問等について

「総量削減義務と排出量取引制度」のトップレベル事業所に関する相談窓口 業務縮小のお知らせ
 2020年4月より、新型コロナウイルス感染拡大防止のため「総量削減義務と排出量取引制度」のトップレベル事業所に関する相談窓口体制を縮小しておりましたが、今後も当面の間は体制を縮小させて頂きます。対象事業所の皆様にはご不便をお掛けいたしますが、ご相談・お問合せにつきましては、メール受付のみといたします。なお、ご回答には、通常よりお時間をいただく場合がございますので、予めご了承ください。メールによる質問方法については、対象事業所、登録検証機関はこちらをご確認下さい。

 ●相談窓口を開設しております。ご不明な点等がございましたらこちらにお問合せください。
 ●ガイドライン等の解釈で、今までに質疑があった内容をQ&Aでまとめてあります。こちらを参考にして下さい。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。