このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

低VOC製品やサービスの選び方

ページ番号:949-574-721

更新日:2021年5月10日

VOCは種類が多いことに加え、製品への表示義務もないため、低VOC製品を選ぶのは難しいのが現状です。ここでは、低VOC製品の簡単な選び方を紹介します。

低VOC製品やサービスの選び方


「環境ラベル」を参考にしましょう

環境にかかる負荷を低減する製品やサービスには、選びやすいようにラベルがついているものもあります。VOCについての認定基準を持つ環境ラベルをご紹介します。


04


VOCの認定基準をもつ
環境ラベルはこちらから!

製品の形状・表示をみて、VOCが少ない製品を選びましょう

製品の形状や表示(水性など)からも、低VOC製品を選ぶことができます。

26


※1 霧吹きやムースタイプ、ローラー・刷毛塗り等に変更することにより、スプレーに含まれる噴射剤を使用しない(又は抑える)ことが可能です。


※2 油性塗料や接着剤、油性ペンでは成分(樹脂・顔料等)を溶かすための有機溶剤が含まれています。水性のものに変えることで、有機溶剤を抑える(又は使用しない)ことが可能です。

→低VOC製品の適切な使い方

暮らしの中のVOCトップページ

お問い合わせ

このページの担当は環境改善部 化学物質対策課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。