このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 自然環境
  3. 野生動植物の対策
  4. クビアカツヤカミキリの被害が発生・拡大しています!
本文ここから

クビアカツヤカミキリの被害が発生・拡大しています!

ページ番号:173-564-179

更新日:2021年5月31日

全国で特定外来生物クビアカツヤカミキリの被害が拡大しており、都内でも被害が発生しています。被害の拡大防止に向け、都民の皆さんのご協力をお願いします。

繁殖力や拡散能力が高い本種の被害を食い止めるためには、何よりも早期発見・早期防除が不可欠です。この度、本種の生態や被害の見つけ方、防除に当たっての考え方等について解説した「クビアカツヤカミキリ防除の手引き(2022年3月)」を作成しました。本手引きをご活用いただき、クビアカツヤカミキリ対策の一助となれば幸いです。
これまでの作成の経緯は以下のとおりです。

<改訂履歴>
「クビアカツヤカミキリ防除指針 第1版」(2019年1月)
「クビアカツヤカミキリ防除指針 第2版」(2020年1月)
「クビアカツヤカミキリ防除の手引き」  (2021年3月)
「クビアカツヤカミキリ防除の手引き」  (2022年3月)

クビアカツヤカミキリとは

サクラやモモ、ウメ、スモモなどのバラ科樹木に寄生し、幼虫が樹の内部を食べて枯らしてしまう外来のカミキリムシです。
日本では2012年に愛知県で最初の被害が確認されましたが、その後、埼玉県、徳島県、群馬県など12都府県(2022年2月現在)に侵入してサクラ並木や果樹園などに大きな被害をもたらしており、2018年1月に「特定外来生物」に指定されました。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。特定外来生物とは(外来生物法):環境省 日本の外来種対策 (外部サイト)

こちらもチェック!

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「サクラがピンチ!クビアカツヤカミキリ」(PDF:1,917KB)では、クビアカツヤカミキリの特徴や被害状況を分かりやすく解説しています。

普及啓発のポスター

クビアカツヤカミキリの特徴や拡散を防止するための方法を皆様にご理解いただけるダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ポスター(PDF:14,469KB)を作成しました。普及啓発にご活用ください。

クビアカツヤカミキリを見つけたら

もしクビアカツヤカミキリを見つけたら、逃がさずにその場で捕殺し、見つけた地域の区市町村(環境担当窓口)か、東京都環境局自然環境部計画課(03-5388-3548)までご連絡下さい。

※特定外来生物である本種を捕まえて、生きたまま持ち帰ることは、法律で禁止されているため、できません。飼育することや販売することなども違法です。これらの規則に対する違反には罰則が設けられています。

都内での被害確認状況

都内では2015年に福生市とあきる野市で初めて被害が確認されました。これまでの調査の結果、2019年には羽村市、昭島市、八王子市、2020年には足立区、2021年には江東区でも確認され、2区5市で被害が発生していることが分かりました。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。都内における被害および成虫確認状況(2022年2月現在)(PDF:107KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。被害本数および自治体数の推移(2022年2月現在)(PDF:345KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。樹種別被害木割合(令和3年度)(2022年2月現在)(PDF:335KB)


都内における被害および成虫確認状況(2022年2月現在)

クビアカツヤカミキリの早期発見・早期防除にご協力をお願いします!

本種の被害を広げないためには、早期発見・早期防除が極めて重要です。

日頃からサクラやウメ等のバラ科樹木の観察や点検をお願いします

本種やその被害が確認されている地域やその周辺の地域では、バラ科樹木に本種被害の兆候がないか、以下を参考に、日頃から注意して観察や点検をしていただけますようお願いいたします。本種が確認されていない地域でも、サクラ等を多く植栽している場合や梅園などは注意していただくようお願いいたします。
観察や点検は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。点検例(PDF:795KB)を参考に、フラスが見つけやすい6月から9月頃まで(成虫が発生するのは6月から8月頃まで)定期的に行って下さい。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。クビアカツヤカミキリのライフサイクル(PDF:432KB)

クビアカツヤカミキリ被害の見つけ方

フラス

幼虫の活動期は4月から10月頃までで、この期間の幼虫は、「フラス」と呼ばれる食べた木屑と糞が混ざったものを、幹や枝に開けた孔(排糞孔)から盛んに排出します。
樹皮の表面や枝の分かれ目、根元などでこのフラスを見つけることが、本種の侵入を発見する重要な手掛かりになります。被害を放置してしまうと樹木がダメージを受けてやがて枯死するだけでなく、周辺への被害拡散の供給源にもなってしまいます。

脱出孔

羽化した成虫が樹の外へ出る時に使用した孔で、長径2~3センチ程度、縦長の楕円形です。
また、脱出予定孔(成虫が出る前の樹皮を薄く残した孔)を見つけることで、拡散を未然に防ぐことができます。

防除

被害を確認した場合には、被害の程度や成虫・幼虫の活動時期に応じ、速やかに適切な防除を行う必要があります。まずは当該地の区市町村(環境担当窓口)か、東京都環境局自然環境部計画課(03-5388-3548)までご連絡下さい。

    防除方法の例
方法内容
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。薬剤(農薬)(PDF:1,899KB)薬剤により、幼虫や成虫を殺虫する。樹種や被害の程度に合わせて様々な種類の薬剤がある。(エアーゾル方式、樹幹注入方式、散布方式など)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ネット巻き(PDF:1,024KB)羽化した成虫が拡散してしまうことを、ネットにより物理的に防止する。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。捕殺・刺殺(PDF:543KB)幼虫と成虫を直接駆除する。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。伐採・伐根(PDF:914KB)最も効果的に被害を防ぐことが出来る。伐採後は焼却又はチップ化する必要がある。

「クビアカツヤカミキリ防除の手引き(2022年3月)」(東京都環境局)

本手引きは最新の被害状況に加えて防除に当たる際に、実際に現場で対応される方が見てわかりやすいものを目指して作成しました。本種の生態には未解明な点も多く、防除手法については鋭意開発が進められています。今後も新たな情報や知見が得られた場合には随時更新していく予定です。

【全文】
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF:9,485KB)
【分割版】
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。表紙(PDF:523KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。はじめに・目次(PDF:1,557KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。基礎情報(PDF:2,691KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。被害状況(PDF:2,198KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。被害確認から防除完了までの取り組み(PDF:5,208KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。情報発信・普及啓発(PDF:2,194KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。奥付(PDF:931KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は自然環境部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。