このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

大気の状況や予報の確認

ページ番号:208-091-214

更新日:2023年11月15日

大気汚染が起きるメカニズムと大気の状況の確認方法

光化学スモッグとPM2.5の生成メカニズム

ご存知ですか?~PM2.5・光化学スモッグ

ご存知ですか?~PM2.5・光化学スモッグ~(short ver.)


人の健康や環境に影響を与える微小粒子状物質(PM2.5)や光化学スモッグの原因物質は、普段の生活からも発生しています。

【微小粒子状物質(PM2.5)や光化学スモッグの原因物質】
窒素酸化物(NOx)や硫黄酸化物(SOx)  自動車や工場など
揮発性有機化合物(VOC)  印刷や塗装、DIYなどで使うスプレーや塗料、接着剤など


これらの物質が粒子化するとPM2.5が発生します。
またNOxやVOCが太陽光からの紫外線を受けると光化学オキシダントが発生し、光化学オキシダントが高濃度になると、光化学スモッグが発生することがあります。
光化学スモッグが発生すると、目や喉の痛み、頭痛などの健康被害を及ぼすことがあります。


VOCは、スプレーや塗料、接着剤などの身近な製品からも排出されています。
VOCの排出が比較的少ない製品を選ぶなど、身近でできる対策を行いましょう。

大気の状況の確認方法

東京都では光化学スモッグについて、予報や注意報を発令しています。
インターネットで東京都の大気環境の状況を公表していますので、ご確認ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。東京都光化学スモッグ情報(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。大気汚染地図情報(外部サイト)

 

お問い合わせ

このページの担当は環境改善部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。