このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 廃棄物と資源循環
  3. リサイクル
  4. オンライン・セミナーの開催
本文ここから

オンライン・セミナーの開催

ページ番号:213-703-722

更新日:2021年3月11日

Circular Innovation Forumの開催について

サーキュラーエコノミーを目指す国内外の革新的なビジネスや技術開発の動向を、様々な分野の企業関係者等と共有し、2021年度以降の革新的技術・ビジネスモデル推進プロジェクトにつなげていくことや、アジアを中心とした世界各都市の実務担当者と情報共有を目的として、Circular Innovation Forumを開催しました。

1 日時  令和3年3月8日(月曜日) 午後5時から午後8時まで(日本時間)

2 場所  オンライン開催

3 内容 〔主催:東京都環境局、協力:株式会社エックス都市研究所〕※ウェビナーは日英同時通訳付き

内容詳細

時間

内容等

講師等

17:00

開会、進行案内


≪第一部≫

17:05 - 17:45

脱炭素・循環経済へのイノベーション
Circular Innovation

1 講演:中部大学 経営情報学部教授
  細田衛士 氏

2 東京都環境局からのお知らせ

≪第二部≫

17:50 - 18:50

「リユース革命 Reuse Revolution」

リユース・リデュースの最新事例紹介

1 Loop Japan(リユース容器)

2 アイカサ(カサのシェアリングサービス)

3 MUUSE(シンガポール等のリユースカップ)

4 MIWA(チェコ等で展開する量り売り)

≪第三部≫

18:55 - 20:00

「水平リサイクル等の新技術

 Closed-loop Technologies」

水平リサイクル等の最新事例紹介

1 CLOMA

2 積水化学工業

3 ユニリーバ・ジャパン

4 PureCycle Technologies(米国)

プログラム案内ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。はこちら(PDF:1,293KB)

*当日の映像記録(オリジナル言語版・日本語版・英語版)はYouTubeに公開しております。

【オリジナル言語版】

日本語音声版は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)

Information in English

「使い捨てプラスチックの削減とバイオマスの持続可能な利用」の開催について

東京都が令和元年12月に策定したプラスチック削減プログラムに、「持続可能なバイオマス利用への転換」と掲げています。

最近、使い捨てプラスチックを紙などのバイオマス素材*に切り替える動きが広まってきました。同時に使用後の循環的利用(リユース・リサイクル)や原料採取時の持続可能性への配慮も必要です。このため、以下のとおり企業担当者等を対象としたオンライン・セミナーを開催しました。

 *バイオマス素材:生物由来の資源を用いた、紙、木材、バイオマスプラスチック等のこと。

1 日時   令和2年12月18日(金曜日) 午後3時から午後4時30分まで

2 場所   オンライン開催

3 内容 

caption

時間

内容等

講師等

15:00

開会、挨拶

東京都環境局

15:05 - 15:30

「使い捨てプラスチックの削減とバイオマスの持続可能な利用」

国立環境研究所 循環型社会システム 研究室 田崎智宏 室長


15:30 - 16:30

外食企業で発生した使用済み紙カップのリサイクル実証実験

1 伊藤忠紙パルプ株式会社

循環型容器「edish」で始める!身近な課題の解決

2 丸紅紙パルプ販売株式会社

紙化に向けた日本製紙の取組みについて

3 日本製紙株式会社

世界初「木のストロー」開発から生まれたもの

4 株式会社アキュラホーム

*セミナーの様子はYouTubeに公開しております。

「2Rビジネスの新展開」の開催   

 東京都が令和元年12月に策定したプラスチック削減プログラムに、「使い捨てを徹底的に見直し、リユースを基調とした社会へ」と掲げています。

 現在、リユース容器による商品提供や容器包装をそもそも利用しない販売など、新たな2Rビジネスの動きが広まりつつあります。

 このような動きの加速を図るため、以下のとおり企業担当者等を対象としたオンライン・セミナーを開催しました。


 1 日時   令和2年11月27日(金曜日) 午後3時から午後4時30分まで
 2 場所   オンライン開催(オンライン会議ツール「Zoom」を利用) 

 3 内容

時間内容等講師等
15:00開会、挨拶東京都環境局
15:05 - 15:30

講演

「リデュース・リユースの意義」

大正大学 地域創生学部 地域創生学科

岡山 朋子 教授

15:30 - 16:152Rビジネスの事例紹介

1 Loop Japan合同会社
2 NISSHA株式会社
3 株式会社ローソン

16:15 - 16:30海外の事例紹介国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

*セミナーの様子はYouTubeに公開しております。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。