このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

ウォームビズ・ウォームシェア

ページ番号:196-551-809

更新日:2020年7月15日

冬季は大気がよどみやすく、光化学オキシダントやPM2.5の原因物質でもある窒素酸化物(NOx)などの大気汚染物質の濃度も高くなります。
家庭やオフィスで、暖房の過度な使用を控えることで、大気汚染物質の発生を抑えることができます。
寒いときには重ね着をするなどのウォームビズや、暖かく過ごせる施設に出かけるなどのウォームシェアで、暖房の適切な利用を心掛け、大気環境にやさしい生活を実践しましょう!

ウォームビズ・ウォームシェアについて

ウォームビズ・ウォームシェアを実践することで大気環境の改善につながるだけでなく、電気代を節約することにもつながります。

・寒いときには重ね着をするなど、過度に暖房機器に頼らない生活を実践しましょう。オフィスでも、暖かく装いましょう。

・家族で一つの部屋に集まる、暖かく過ごせる施設に出かけるなどのウォームシェアを心掛け、家庭での暖房機器使用を抑えた環境にやさしい生活を実践しましょう。

詳細は、 新規ウインドウで開きます。冬季大気汚染対策についてをご覧ください。


お問い合わせ

このページの担当は環境改善部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。