このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

環境にやさしい交通行動の実践

ページ番号:414-906-182

更新日:2020年7月15日

自動車の交通量が増加すると、排気ガスが大気環境に悪影響を与えます。
一人一人が交通手段を少し工夫するだけでも、大気汚染の防止につながります。

たとえば、
・自動車の効率的な利用
・公共交通機関の利用
・自転車の利用
・混雑時間をさけた自動車利用
などが挙げられます。

日常でできる対策から挑戦し、大気環境にやさしい交通行動を実践しましょう。
また、事業者の皆様も、公共交通機関の積極的な活用、運転ルートの見直し等、業務用車両の効率的な利用を徹底しましょう。

参考リンク:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。都営でエコToKoPoでニコ「ToKoPoエコボーナスキャンペーン」を実施します!(2019年6月)(外部サイト)

自転車シェアリングについて

自転車シェアリングとは、一定の地域内に複数配置されたサイクルポートにおいて自由に貸出・返却できる貸し自転車で、借りたサイクルポートとは異なるサイクルポートに返却することができます。
東京都は、自転車シェアリング(コミュニティサイクル)事業を実施する区とともに、区境を越えて自転車の相互利用ができる「広域相互利用」に取り組んでいます。
詳細はこちらをご覧ください。

※サイクルポート:歩道上等に設置された自転車の貸出・返却を行う無人の駐輪施設


ルール・マナーを守って、安全・快適 自転車シェアリング!

自転車シェアリングを安全に利用していただくために、「自転車シェアリングの安全で快適な利用案内」を作成しました。
自転車を利用するときは、ルール・マナーを守って安全に利用しましょう。


お問い合わせ

このページの担当は環境改善部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。