このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

家庭における対策

ページ番号:855-478-538

都内エネルギー消費量の約3割を占める家庭部門における省エネや再エネ導入の取組は、CO2の排出削減につながり、地球温暖化対策には必要不可欠です。
テレワークなどにより自宅で過ごす機会も多くなる今夏、省エネの取組は電気代の削減にもつながります。
東京都環境局では、以下の事業・対策を行っていますので、ご家庭での省エネ等の取組にぜひご活用ください。

以下の画像をクリックすると、該当ページへ移動できます!

すぐできる!今夏の省エネ対策

エアコンの上手な使い方!

夏の日中の電力消費は、エアコンによる消費が半分以上※を占めます。冷房時の室温は28℃が目安。家の中での熱中症や換気にも気を付けながら室温調節して、無理のない範囲で省エネしましょう。

  • 月2回を目安に、フィルターを掃除しましょう。
  • 扇風機を使えば、涼しい空気を循環できます。
  • 冷気は下降するため、羽根の向きは上向き・水平に
  • 室外機周りに物を置かず、排気をスムーズにしましょう。
  • オン・オフを繰り返さないようにしましょう。

※資源エネルギー庁推計

暑さは窓からやってくる!

夏の冷房時に、外から室内に伝わる熱の7割以上※は窓からです。窓の断熱性能を上げるとともに、夏は日差しを遮り、冷房効果を高めましょう。

  • カーテンやブラインドで日差しをカットしましょう。
  • 日差しの遮りは、住宅の内側よりも外側で行う方が効果的です。すだれや緑のカーテンがおすすめです。

※東京都都市整備局「住宅の省エネリフォームガイドブック」

お湯の省エネも忘れずに!

家庭で一年間に使うエネルギーのうち、給湯用が約3割※を占めます。夏はシャワーの利用が増える季節。お湯の使い方にも気を配りましょう。

  • シングルレバー混合栓は、レバーを正面で上げると水とお湯が混ざって出てきます。お湯が必要ないときは、水側(最も右側)で上げましょう。
  • 節水型のシャワーヘッドへの交換で、お湯の使用量が約2~3割減らせます。また、自分で簡単に交換できます。

※東京都環境局「都における家庭部門のエネルギー消費量の用途別割合(2017年度)」

夏になったら設定を変えよう!

機器の設定を、一年中同じにしていませんか?設定変更は一度やると、継続して省エネ効果が得られます。夏になったら温度設定を変えて、かしこく省エネしましょう。

  • 便座暖房はオフ、洗浄温水は低めに
  • 冷蔵庫の設定を「強」ではなく「中」に
  • テレビの画面は明るいほど多くの電力を消費します。差し支えない程度に明るさを抑えましょう。

家庭の省エネ対策のためのリーフレット

省エネに関してさらに知りたい方は以下のリーフレットをご覧ください。家庭で無理なくできる省エネの対策やポイントなどが掲載されています。

省エネ家電への買替えで商品券等に交換できるポイントもらえます!

省エネ性能の高いエアコン、冷蔵庫又は給湯器への買替えに対し、商品券等に交換可能な「東京ゼロエミポイント」を付与します。インターネット通販での購入も対象です。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「東京ゼロエミポイント」特設サイト(外部サイト)

コールセンター電話番号:0570-005-083
※携帯・IP電話等の場合:03-6634-1337

申請者対象製品に買替えを行い、都内の住宅に設置した都民
申請受付期限令和3年3月31日
ポイント交換品

商品券及びLED割引券※
※LED割引券とは、あらかじめ登録された取扱店においてLED照明を購入する際に1,000円券として使用できるものです。例えば、12,000ポイントが付与された場合、商品券11,000円分とLED割引券1,000円分が交付されます。


対象製品・付与ポイント数(1ポイント=1円)
対象製品付与ポイント数

エアコン

統一省エネラベル4つ星以上

冷房能力

2.2kW以下12,000
2.4kW~2.8kW15,000
3.6kW以上19,000

冷蔵庫

統一省エネラベル5つ星

定格内容積

250ℓ以下11,000
251ℓ~500ℓ13,000
501ℓ以上21,000
給湯器一定の基準を満たすもの10,000

「みんなでいっしょに自然の電気」キャンペーン ぜひご参加ください!

東京都では、再生可能エネルギーの利用拡大を目的として、太陽光や風力など自然からの電気の購入を希望する家庭などを募り、購買力を高めることで、お得な電気代※でご利用いただく、グループ購入事業のキャンペーンを実施しています。
※一般家庭の標準的な価格以下になることを想定しています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。キャンペーン特設サイト(外部サイト)

参加登録期間

令和2年7月31日から令和2年9月30日(第2回キャンペーン 登録は終了しました
※第3回キャンペーンは令和2年冬頃開始を予定

参加方法外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。キャンペーン特設サイト(外部サイト)より参加登録
参加対象

首都圏※にお住まいの方
(家庭用以外でも、従量電灯B・Cの契約をされている小規模オフィスや商店などの方も参加可能)
※東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、栃木県、
 群馬県、茨城県、山梨県、静岡県(富士川より東)
 ただし、離島を除く(新電力の供給範囲ではないため)


助成金事業

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。