このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

さ行

ページ番号:321-752-206

更新日:2022年5月13日

取組紹介
 

参加団体等の取組を紹介します。

生活協同組合コープみらい

○ コープみらいの東京都内2店舗で常設型フードドライブを開始しました!
 2022年3月4日(金曜日)より、コープ花畑店(東京都足立区)とコープ葛飾白鳥店(東京都葛飾区)の2店舗に、フードドライブ専用の食品寄贈ボックスを新たに設置いたしました。既に東京都内で常設している2店舗、組合員施設「コーププラザ」1カ所を合わせて5カ所となります。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)


花畑店


葛飾白鳥店




Saving Food
2022年5月13日更新

 
○ 2022年1月5日、東京都立川市社会福祉協議会主催「こどもSDGsたんきゅう隊~食品ロスをテーマにYouTube動画をつくろう~」の企画に協力し、活動サポーター講座「SDGs・食品自給率と食品ロス」を実施しました。
SDGsのクイズや食料分配の現状をゲームで体験した後、日本の食料自給率と食品ロスについて学習しました。
参加者からは「食べものを満足に食べることができない地域があることを知りました」「外国からたくさんの食料を輸入している日本で、食品ロスが多いのは良くないことだと思いました」などの感想が寄せられました。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)

Saving Food
2022年3月8日更新
 

生活協同組合パルシステム東京

○ 里山を保全するために間伐した竹でお正月飾りを作る「いなぎめぐみの里山の竹林保全とミニ門松づくり」企画。
生活協同組合パルシステム東京は、2021年12月4日(土曜日)にパルシステム東京いなぎめぐみの里山(東京都稲城市)で「いなぎめぐみの里山の竹林保全とミニ門松づくり」を行いました。12月とは思えない暖かい気候の里山企画に、6組13名の組合員が参加しました。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)



 
Saving Materials
2022年5月13日更新
 

○ 2021年8月11日(水曜日)、「パルシステムに出すリサイクル品はどうなるの?杉戸リサイクルセンターオンライン見学会」を開催。小学3年生以上の親子47組が参加し、パルシステムのリサイクルの流れをみんなで確認しました。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
 

○ 2021年10月16日(土曜日)、『身近なプラスチック汚染』~家庭・市街地から河川、海へ~ #未来へつなげ2030」を開催しました。東京理科大学理工学部土木工学科 二瓶 泰雄教授をお迎えして、私たちにより身近な河川のプラスチック汚染についてお話を伺い、汚染を食い止め環境を守るために、私たちができることについて考える機会となりました。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
 

○ パルシステム東京では、プラスチックとの向き合い方を考える「プラスチック問題体験学習会」を実施しています。
2013年度からプラスチックごみが自然環境に与える脅威に着目し、講演会などを行ってきました。
2019年度からは、身近な体験学習を通した啓発を目的に、組合員から構成される委員会主体で学べる機会として、「プラスチック問題体験学習会」のパッケージ化を行いました。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
 

Saving Materials
2022年3月8日更新

セレクトラ・ジャパン株式会社

セレクトラではカーボンオフセットの取組を行っております。カーボンオフセットとは、排出したCO2などの温室効果ガスを排出削減、吸収、またはその活動に投資することにより埋め合わせる取組です。弊社では、オフィスでパソコンや人から排出された温室効果ガスについてカーボンオフセットを通じた埋め合わせを実施しております。
個人でも気軽にカーボンオフセットにご参加いただけるサービスを提供しており、その一貫として、インドの風力発電施設の開発運営を行う「ガンジー・プロジェクト」を支援しました。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)


Saving Energy
2022年2月3日更新

株式会社サティスファクトリー

廃棄物の輸出規制に伴い、プラスチックの処理が大きな問題となっています。そこで私たちは使い捨てのプラスチックを使用した再生材ごみ袋「FUROSHIKI」を作りました。主に廃棄物であるプラスチックを原料とした再生樹脂ペレットを99%以上使用しています。
プラスチック資源の循環を構築することで新たな化石原料投入量の削減と海洋プラスチックごみ問題解決に貢献します。また、価値のあるごみ袋にすることで、「捨てるを当たり前にしない」を目指します。(2020年グッドデザイン賞受賞)

詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)


Saving Materials

2021年10月6日更新


サミット株式会社

2018年12月、神奈川県川崎市に肉のパック詰め等を行うプロセスセンターを新設し、国内プロセスセンターでは初の高速ノントレイ包装ラインを導入しました。ノントレイのお肉は「トレイごみが出ない」「そのまま冷凍しやすい」と好評ですが、従来は店舗毎に専用の包装機を導入する必要があり、作業場が狭い店舗では販売することができませんでした。今後はセンターで製造するノントレイ商品量を増やし、トレイの削減を図ってまいります。

Saving Materials
2019年2月8日更新


取組紹介の提出方法

取組紹介の掲載を希望される方はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちらの様式(エクセル:13KB)をお使いいただき、ご提出ください。

お問い合わせ

このページの担当は総務部 環境政策課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。