このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

8 矢川・青柳コース

ページ番号:483-088-524

更新日:2018年2月9日

モデルコース概略図(5.2km)

 矢川緑地保全地域 ママ下湧水 矢川おんだし 谷保の城山歴史環境保全地域 城山公園と古民家 地図

[1]~[5]: コースのみどころ

コースのみどころ

矢川緑地保全地域

「東京における自然の保護と回復に関する条例」に基づき、昭和52年に約21,000m2の緑地が 矢川緑地保全地域 として指定されました。
地域内には、矢川の流れとその両側に広がる樹林地、湿地があります。矢川は、立川段丘崖の崖下から湧きだす湧水を集めて流れる幅2m程の小さな流れですが、冬場にも涸れることがありません。矢川の流れの中には、ミクリやヤナギモ等の植物が生育し、シマアメンボ等の動物が見られ、カルガモやコサギ等の野鳥が集まってきます。


ママとはこの辺りで「崖」のこと。青柳崖線の下から湧き出る豊富な湧水は東京の名湧水57選にも選ばれています。

矢川おんだし

矢川の流れが段丘崖を下って、府中用水に合流する地点は、矢川おんだしと呼ばれます。崖の雑木林とともに、水田とナシ園が昔からの景色を伝えています.


青柳段丘崖のほぼ中心に位置する約15,000m2の緑地は、昭和50年に 谷保の城山歴史環境保全地域 として指定されました。
城山は国立市谷保に残る中世の城館跡で、昭和19年に三田氏城館として東京都の旧跡に指定されています。イヌシデの多い雑木林の中には、ニリンソウやキツネノカミソリ等の植物が生育しています。

城山公園は昭和61年に開園した国立市立の公園で、面積は約6,000m2あり、園内には小川が流れ、植物が植えられています。
また、公園の南側にある古民家は国立市が復元したもので、江戸時代の農家のたたずまいを伝えています。

雑木林のみちリーフレット

お問合せ先

不明点は下記担当までお問合わせください。

① 環境局 自然環境部 緑環境課 保全担当

〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1 都庁第二本庁舎19階
電話:03-5388-3555(直通) FAX:03-5388-1379
e-mail: S0000724@section.metro.tokyo.jp

② 多摩環境事務所 自然環境課 保全担当

〒190-0022 立川市錦町4-6-3 立川合同庁舎3階
電話:042-521-4804(直通)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は自然環境部 緑環境課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。