このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

Saving Energy

ページ番号:358-044-541


 

Saving Energy(エネルギーの有効利用に関すること)の取組を紹介します。

株式会社LIXIL

江東区・江戸川区で進めている『IoT宅配ボックスによる再配達削減「CO2削減×ストレスフリー」実証プロジェクト』について、最終結果を発表しました(主催:(株)LIXIL 協力:江東区、江戸川区、佐川急便(株)、日本郵便(株))。
IoT宅配ボックスの設置により再配達率は41.7%から14.9%に減少し、約379kgのCO2削減(杉の木約27本のCO2吸収量に相当)となりました。
また半数以上のモニターで、節電・エコバッグの利用など環境問題を意識した行動が増加し、受け取りによるストレスの改善も図られました。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
LIXILでは2050年CO2排出の実質ゼロを目標に、環境負荷低減に努めて参ります。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
2020年10月14日更新

特定非営利活動法人フォーエヴァーグリーン

SDGs啓発企画『ピースフォーアース』vol,2を11月18日(水曜日)~29日(日曜日)に、渋谷ハチ公前にて開催します。
本企画は、SDGs活動ポスターの掲出(もったいないの活動実例等・B1サイズ最大68枚)により、企業の活動を『SDGs(CSR)』事例として紹介し、市民の皆様のSDGsへの理解を深めます。また企業の皆様には、SDGs/CSRが一般認知されることで、ESG評価等に繋がる内容となっております(後援:渋谷区、地方創生SDGs官民連携プラットフォーム)。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
2020年9月25日更新

エコライフめぐろ推進協会

Webサイト「めぐろスマートライフ」で、環境にやさしい行動を賢く選択する暮らし方を提案しています。
余りがちな食材から作るエコなレシピ、省エネルギーを実践するアイデアなど身近で取り組みやすい情報を発信しています。「実践わたし流!!」のコーナーでは、読者がおすすめするエコなアイデアを紹介中です。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
2020年9月3日更新

日清食品ホールディングス株式会社

日清食品グループの2030年に向けた環境戦略「EARTH FOOD CHALLENGE 2030」を策定しました。
「地球にやさしい調達」「地球資源の節約」「ごみの無い地球」と「グリーンな電力で作る」「グリーンな食材で作る」「グリーンな包材で届ける」という6つの活動テーマを掲げ、2030年までのCO2排出量、持続可能なパーム油の調達比率、廃棄物量、水使用量等の目標達成に向け、グループ一丸となり取り組んでいきます。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
2020年6月25日更新

ウォータースタンド株式会社

水道水直結式のウォーターサーバーである「ウォータースタンド」は、ボトル入り飲料水と同様においしい浄水を提供します。
当社では、プラスチックボトル削減を目的として「ウォータースタンド」からマイボトルに給水頂く活動「ボトルフリープロジェクト」に取り組み、2020年3月までに約15万本の水筒をお客様にプレゼントしました。
プラスチックボトルを削減することで、運搬・回収・リサイクルに要するエネルギーと天然資源の削減に貢献しております。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
2020年5月25日更新

カシオ計算機株式会社

ラベルライターの2大“もったいない!”を解消した“Lateco(ラテコ)”を発売しました。
テープ詰め替え方式にすることで、カートリッジのプラスチックごみおよび原材料のCO2排出量を削減できます。
また、ラベルライターの巻き戻し機構により、印刷のはじめに必ず出てしまっていた 余白を最小3mmに抑えて、余白ごみを削減でき、テープを節約にもつながるメリットがあります。
詳細は外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
2019年9月20日更新

多摩電気工事株式会社

1人ひとりの環境意識向上を図るため、2019年度から「レジ袋削減」に取り組んでいます。工事現場で働く作業員も買い物をする際は、エコバックを活用しています。
また、節電の取組みは社屋のLED化を進め、また、不要箇所の照明は消灯しています。
2019年7月18日更新

FUMI&FUJI (NPO法人フォーラム・アソシエ登録講師)

イベント名
手間なしでエコ!料理と手芸のコラボ企画「ぬくぬく鍋カバー作りと季節の重ね煮ランチ」
イベント内容
余熱調理のための、ぬくぬく鍋カバーを使用した重ね煮を習い、調理をしている間にぬくぬく鍋カバーを皆で作りました。 その後は参加者皆で楽しく試食しました。料理を習いながら、エコグッズも作れてしまうと言う大変お得な講座で、美味しく楽しく「もったいない」を発信しました。
【ぬくぬく鍋カバーとは】
フリースと断熱シートでできた余熱調理のための便利グッズです。とても簡単に作れます。加熱調理した鍋を包み込むだけで、あとは余熱で調理ができてしまいます。ガスや電気の使用量を減らすことにより、CO2の削減にもなり、家計にもとてもやさしいECOグッズです。
【重ね煮とは】
体を冷やす陰性の食材と体を温める陽性の食材を鍋に重ね入れ、煮る方法です。灰汁を取らず、皮もむかずに調理するので食材の持つ力をすべて頂くことができます。養生家庭料理、陰陽調理とも言われます。
詳しくはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(PDF:977KB)
詳しくは外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
2018年11月27日更新

 

取組紹介の提出方法

取組紹介の掲載を希望される方はダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。こちらの様式(エクセル:13KB)をお使いいただき、ご提出ください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。