このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

2 松山・青葉町コース

ページ番号:623-961-262

更新日:2018年2月9日

モデルコース概略図(5.9km)

 清瀬松山緑地保全地域 野火止用水と下里の防風林 病院の平地林と青葉町の保存樹林 地図

[1]~[3]: コースのみどころ

コースのみどころ

清瀬松山緑地保全地域

以前は結核研究所の施設跡地でしたが、その一部の約43,000m2が東京都の条例に基づき、清瀬松山緑地保全地域として指定されました。松山の地名のとおり、古くからこのあたりに広がっていたアカマツの多い雑木林と、研究所時代に植えられた樹木が残っており、多くの野鳥が観察できます。


野火止用水は今からおよそ350年前の徳川三代将軍家光の時代に、時の老中松平伊豆守信綱が武蔵野開発のために開削した水路で、玉川上水の分水の一つです。昔は飲料水や灌漑用水として使われていましたが、昭和48年に上水からの分水が停止されました。
流れが途絶えてまもなく「再び野火止用水にいのちを」という声が高まりました。東京都は昭和49年に 野火止用水歴史環境保全地域 に指定するとともに、下水高度処理水の利用による「清流復活事業」を計画し、昭和59年に流れがよみがえりました。
また、東久留米市下里6丁目の樹林は、 野火止用水歴史環境保全地域 に指定されている雑木林の一つです。南側に広がる畑の風よけのために、クヌギを植えて育てた林です。

病院の平地林と青葉町の保存樹林の写真

病院の平地林と青葉町の保存樹林

清瀬市では、昭和の初期から雑木林を切り開いて療養所や研究所が設置され、広い敷地の中には雑木林がよく残されています。
東村山市青葉町付近には、今も良く管理された雑木林が残っており、市の保存樹林に指定されているところもあります。


雑木林のみちリーフレット

お問合せ先

不明点は下記担当までお問合わせください。

① 環境局 自然環境部 緑環境課 保全担当

〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1 都庁第二本庁舎19階
電話:03-5388-3555(直通) FAX:03-5388-1379
e-mail: S0000724@section.metro.tokyo.jp

② 多摩環境事務所 自然環境課 保全担当

〒190-0022 立川市錦町4-6-3 立川合同庁舎3階
電話:042-521-4804(直通)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は自然環境部 緑環境課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。