このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

VOCの排出規制(条例)

ページ番号:846-156-439

更新日:2022年5月10日

 VOC(揮発性有機化合物)は様々な成分があり、主なものだけでも200種類はあります。
 新規ウインドウで開きます。都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(以下、「環境確保条例」といいます。)では、いくつかのVOCは「有害ガス」や「有害物質」、「炭化水素類」に該当し、それぞれ規制されています。
 ここでは、環境確保条例における規制についてまとめています。
規制対象:新規ウインドウで開きます。工場新規ウインドウで開きます。指定作業場

規制の種類
VOCの形態 規制の内容・基準 根拠等
排ガスなど気体の場合 工場・指定作業場から排出される新規ウインドウで開きます。有害ガスの規制基準の遵守(条例第68条)の基準 新規ウインドウで開きます。別表第7 3
PDFファイル内26枚目から
有害ガス取扱施設の構造基準等(条例第72条) 新規ウインドウで開きます。規則別表第5
排水に含まれる場合 工場・指定作業場から公共用水域へ排出される排水の規制(条例第68条)基準
下水へ排出する際は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。こちら(外部サイト)
新規ウインドウで開きます。別表第7 4
PDFファイル内29枚目から
汚水に係る新規ウインドウで開きます。有害物質除去設備の設置(条例第74条) 有害物質を取扱う工場で、通常100㎥/日以上公共用水域へ排出するもの
有害物質取扱施設の地下浸透防止の構造基準等(条例第75条) 新規ウインドウで開きます。規則別表第7
貯蔵施設 炭化水素系物質を貯蔵する施設等の構造基準等(条例第73条) 新規ウインドウで開きます。規則別表第6
化学物質の適正管理 新規ウインドウで開きます。こちら
物質ごとの使用量等の把握(条例第110条)
化学物質管理方法書の作成(条例第111条)

お問い合わせ

このページの担当は環境改善部 化学物質対策課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。