このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

お知らせ

ページ番号:861-619-630

フロン排出抑制法に伴う廃棄等実態調査委託

業務用フロン使用機器廃棄時のフロン回収率は4割程度と低迷しています。こうした状況を改善するため、フロン類の使用の合理化及び管理の適正化に関する法律(平成13年法律第64号。以下「フロン排出抑制法」という。)が改正され、令和2年4月1日に施行されました。そこで、都においても廃棄時漏えい対策を強力に推し進めるため、建物解体現場や廃棄物処理業者、リサイクル業者等への訪問調査を実施し、解体現場から廃棄までのルートや廃棄等の実態を把握するとともに廃棄時漏えいの削減のための普及啓発を行うことになりました。つきましては、本調査の趣旨をご理解くださり、何卒ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

調査名:フロン排出抑制法改正に伴う廃棄等実態調査

調査対象:解体工事発注者、元請事業者、廃棄物処理業者、リサイクル業者等

調査方法:訪問・電話等による聞き取り、関係書類の提出依頼

調査期間:令和2年5月~

調査主体機関:東京都環境局環境改善部環境保安課

調査実施機関:株式会社ダイナックス都市環境研究所

(住所:東京都港区西新橋3-15-12GGHOUSE5階、電話:03-5402-5355)


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。