このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

温泉動力の装置又は増掘許可申請について

ページ番号:579-239-302

更新日:2022年8月9日

新型コロナウィルス対策のため、業務を縮小しております。
大変申し訳ありませんが、申請や相談等にあたっては、
自然環境部 水環境課 地下水管理担当、電話番号:03-5388-3547
に電話でお問い合わせください。

温泉のゆう出量を増加させるために動力を装置しようとする場合は、動力の装置許可を受けなければいけません。また、温泉のゆう出路を増掘をする場合は増掘の許可を受けなければいけません。
温泉動力の装置許可、増掘の許可を受ける手続きは以下のとおりです。

事前相談→申請→現地調査→東京都自然環境保全審議会→許可( 許可後2年以内に工事完了させる)→工事着手届→工事進行に係る現場調査→工事完了届


申請について

申請受付窓口

申請受付窓口は東京都環境局自然環境部水環境課です。
申請を行う予定がある場合は、審査基準を確認の上、必ず事前に水環境課までご相談いただくようお願いします。

申請書提出の締切

温泉動力の装置許可申請、増掘の許可申請の審査に当たっては、温泉法の規定により東京都自然環境保全審議会の意見を聴く必要があります。
次回の自然環境保全審議会において審議を行うよう諮問する申請書提出の締切日は、
令和4年9月9日(金曜日)です。
なお、申請を考えている方は、あらかじめお電話にて御連絡をお願いいたします。
(電話番号:03-5388-3547)

申請書と添付資料

申請書(様式はこちら)は正副2通提出してください。申請書には以下の書類を添付する必要があります。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申請書添付資料(PDF:212KB)
(参考資料)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。任意様式(誓約書)(PDF:86KB)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。任意様式(誓約書)(ワード:26KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。任意様式(承諾書)(PDF:72KB)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。任意様式(承諾書)(ワード:28KB)

温泉動力の装置許可申請手数料

申請手数料は110,000円です。

現場調査

許可申請後、申請事項の確認と周辺地域の現況把握のため、日時を調整のうえ現場調査を行います。

東京都自然環境保全審議会

温泉動力の装置許可申請及び増掘許可申請の審査に当たっては、温泉法の規定により東京都自然環境保全審議会の意見を聴く必要があります。
自然環境保全審議会は不定期開催であり、申請時期によっては、許可までに相当の日数がかかることもありますのでご留意ください。また、自然環境保全審議会で審議をするにあたっては、自然環境保全審議会温泉部会において、温泉の開発工事の内容や開発後の利用方法、周辺の状況について、申請者に出席・報告を求めています。

工事着手

工事着手予定日が確定した後すみやかに工事着手届を申請受付窓口へ提出してください。工事着手の前に温泉井の状況、周辺既存源泉その他公益への影響について調査します。また、動力の設置工事に立会い、揚湯管及び設置する動力の吐出口断面積や動力設置深度など申請事項と相違なく審査基準に適合することを確認するための調査をおこないます。また、増掘の場合は、工事完了前の電気検層など実施の際に掘削深度の確認調査を行います。

工事完了

工事完了後、すみやかに工事完了届を提出してください。完了後、量水器及び水位計表示機器の状況について、審査基準を遵守できることを確認するための現場調査を実施します。

温泉動力の装置・増掘許可の失効、廃止など

温泉土地掘削及び温泉動力の装置許可は、温泉法により許可後2年以内に工事完了届出がなされない場合、失効します。
また、種々の理由で工事の着手が困難な場合は、工事廃止届が必要となります。申請時の工事計画どおりにならない場合、申請受付窓口へ相談及び報告をしてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は自然環境部 水環境課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。