このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

温泉採取許可申請について

ページ番号:461-418-948

更新日:2022年3月9日

新型コロナウィルス対策のため、業務を縮小しております。
大変申し訳ありませんが、申請や相談等にあたっては、
自然環境部 水環境課 地下水管理担当、電話番号:03-5388-3547
に電話でお問い合わせください。

温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害を防止するため、温泉源からの温泉の採取を業として行おうとする者は、温泉の採取の場所ごとに、許可を受ける必要があります。

申請について

申請受付窓口

申請受付窓口は東京都環境局自然環境部水環境課です。

申請書と添付資料

申請書(様式はこちら)は正副2通提出してください。申請書には以下の書類を添付する必要があります。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。申請書添付資料(PDF:166KB)
(参考資料)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。技術基準適合証明様式(採取)(エクセル:71KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。任意様式(誓約書)(PDF:64KB)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。任意様式(誓約書)(ワード:23KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。任意様式(承諾書)(PDF:71KB)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。任意様式(承諾書)(ワード:29KB)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。採取時災害防止規程(例)(ワード:101KB)

温泉採取許可申請手数料

申請手数料は35,000円です。

現場調査

許可申請後、申請事項の確認と周辺地域の現況把握のため、日時を調整のうえ現場調査を行います。

温泉採取許可施設変更許可について

温泉採取許可を受けた施設は、可燃性天然ガス発生設備、換気設備、ガス警報設備の位置または構造を変更する場合は事前に許可申請が必要です。詳細は東京都環境局自然環境部水環境課にお問い合わせください。

温泉採取施設の継続管理について

温泉採取施設(ガスセパレーター等)は使用状況により、ガス分離能力が低下することがあります。また、温泉に含まれる可燃性天然ガスの量は必ずしも一定ではありません。可燃性天然ガスによる災害を防止するために、温泉採取の許可を受けた後も定期的な設備点検を実施するとともに、源泉、ガス分離設備排気口、貯湯槽内等の可燃性天然ガス濃度を定期的に測定するよう努めてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は自然環境部 水環境課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。