このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

太陽光発電とは

ページ番号:609-082-448

更新日:2018年2月9日

このページでは、太陽光発電について説明しています。

太陽光発電は、太陽電池を用いて、太陽のエネルギーを直接電気に変換する発電方式です。

太陽光発電のしくみ

 

太陽光発電のしくみ

1.太陽の光から電気をつくる

パネル(太陽電池モジュール)で、太陽の光を受けて電気(直流電力)をつくります。

2.家庭で使える電気に変換する

パネルで発電された電力(直流電力)を、交流電力に変換します。

3.電力を各部屋に送る

発電した電力を各部屋で使えるように送ります。

4.売る電力と買う電力を計る

買電メーター:電力会社から購入した電力量を測るためのメーター

売電メーター:発電した電気を自家消費し、余った電力を電力会社へ販売する電力量を測るためのメーター

総発電メーター:売電メーターの量を引くことで、自家消費分を表示するメーター

太陽光発電のいいところ

1.クリーンで枯渇しない

太陽光発電は、地球温暖化の原因となるCO2を排出しないクリーンなエネルギーです。
さらに、エネルギー源が無尽蔵なので、石油・石炭などの化石燃料のように枯渇する心配がありません。

2.家庭でも導入できる

太陽光発電は、設置する場所の広さに合わせて自由に規模を決めることができます。
また、騒音もないので日射量が確保できれば一般の家庭での設置が可能です。

3.余った電力を電力会社に売ることができる

昼間に電気を発電し、家庭で使って余った分を電力会社に売ることができます(売電)。
逆に、夜は発電することができないので、電力会社から電気を買って使います(買電)。

4.環境価値が発生する

太陽エネルギーなどの再生可能エネルギーによる電気はグリーン電力と呼ばれ、「電気そのものの価値」の他に、二酸化炭素の排出をしないという「環境価値」を持っています

環境価値についてはこちら
Q&A(太陽光編)はこちら

お問い合わせ

このページの担当は地球環境エネルギー部 地域エネルギー課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。