このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 廃棄物と資源循環
  3. 国際協力事業(資源循環分野)
本文ここから

国際協力事業(資源循環分野)

ページ番号:143-285-032

更新日:2020年12月14日

東京都は平成14年度から、アジア大都市におけるリサイクル技術の向上や廃棄物対策の推進を目的として、各参加都市の資源循環施策担当者やリサイクル関係の技術職員を対象に、廃棄物処理やリサイクル技術に係る「資源リサイクルの促進」研修を都内で行ってまいりました。

令和2年度は、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、オンラインで開催しました。

今こそ国際的な協力が必要です。Covid-19の危機を乗り越えるため、東京はアジア太平洋諸国をはじめ世界の各都市と連携してまいります。

第1回

〇 テーマ  廃棄物分野の感染防止対策について
〇 日時  令和2年10月14日(水曜日)

〇 参加者  12都市*48名の参加者及び東京都・日本国内の関係者10名、計58名

*バンコク、ドバイ、メルボルン、マニラ、ミラノ、メキシコシティ、パリ、ケソン、ソウル、シンガポール、トムスク、ヤンゴン

〇 内容  (1)講義 「新型コロナウイルスの流行下における廃棄物管理」

 講師 UNEP-IETC Associate Expert ディリー 美里 氏

(2)各都市からのプレゼンテーション

*会議の様子はYouTubeに公開しております。(英語のみ)

 


第2回

〇テーマ 循環型経済 COVID-19 からの持続可能な復興

〇日時  令和2年12月10日(木曜日)

〇参加者 10都市*26名、海外環境団体3名の参加者及び日本国内の関係者17名、計46名
     *イスタンブール、トゥルク、バンコク、香港、ジャカルタ、メルボルン、
      ケソン、シンガポール、トムスク、ヤンゴン

〇内容  (1)講義「ポストコロナ時代の循環経済」

         講師 東京大学未来ビジョン研究センター教授の高村 ゆかり氏

      (2)講義「循環性の実現:都市の役割とマルチステークホルダー連携」

         講師 世界経済フォーラム Platform Curator Christian Kaufholz氏

      (3)都市からのプレゼンテーション
        バンコク、シンガポール、トムスク、東京

*会議の様子はYouTubeに公開しております。(英語のみ)

第3回 準備中


参考:過去の研修プログラム内容はこちら

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://www.seisakukikaku.metro.tokyo.lg.jp/diplomacy/multi-lateral-diplomacy/kensyushigen.html(外部サイト)


 


 

お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。