このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

食品ロスの削減に向けたシンポジウム

ページ番号:825-974-460

更新日:2018年2月9日

案内・参加申込書

 日本では年間約1,700万トンの食品廃棄物が発生しています。このうち本来食べられるにもかかわらず廃棄される、いわゆる「食品ロス」は約500~800万トンあると推計されており、日本の年間コメ生産量に匹敵する量の食べられる食品が捨てられています。
 東京都環境局は、このような「もったいない」現状を都民の皆様に知っていただき、食品ロス削減に向けた取組を推進するため、「食品ロスの削減に向けたシンポジウム」を下記のとおり開催しました。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。シンポジウム案内(PDF:1,435KB)


  • 日時
     平成25年11月26日(火曜日)13時30分~16時30分(開場12時30分)(終了しました)
  • 場所 
     ヤクルトホール 東京都港区東新橋1-1-19(JR新橋駅徒歩3分)
     ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。アクセスマップ(PDF:102KB)
  • 対象
     食品ロス問題に関心のある都民、食品関連事業者等
  • 定員
     400名(応募者多数の場合は抽選)
  • 参加費
     無料
  • 主催
     東京都環境局
  • 後援
     消費者庁
  • プログラム
    1 基調講演
    (1)「私のMOTTAINAIアクション」
     ルー大柴氏(タレント)
    (2)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「食品ロスの削減に向けて ~NO-FOODLOSS PROJECT~」(PDF:2,262KB)
     長野麻子氏(農林水産省食品産業環境対策室長)
    (3)「サントリーグループのフードバンク活動」
     森川惠介氏(サントリーホールディングス株式会社品質戦略部課長)
    2 パネルディスカッション
     「食品ロスの削減に向けて」
    コーディネーター
     小田理一郎氏(有限会社チェンジ・エージェント代表取締役兼CEO)
    パネリスト
     ルー大柴氏(タレント)
     長野麻子氏(農林水産省食品産業環境対策室長)
     森川惠介氏(サントリーホールディングス株式会社品質戦略部課長)
     井出留美氏(セカンドハーベスト・ジャパン広報室長)
     宇山竜二(東京都環境局廃棄物対策部調整担当課長)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。