このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 廃棄物と資源循環
  3. リサイクル
  4. プラスチックの持続可能な利用について
  5. プラスチックの持続可能な利用に向けた新たなビジネスモデル(事業者の選定)
本文ここから

プラスチックの持続可能な利用に向けた新たなビジネスモデル(事業者の選定)

ページ番号:316-081-739

更新日:2019年8月6日

事業者の選定について

 東京都では、「持続可能な資源利用」を進める観点から、ワンウェイ(使い捨て)プラスチックの削減に係る取組を推進しています。

 このたび、ワンウェイプラスチックの削減などプラスチックの持続可能な利用に向けた取組を先駆的に実施する事業者を公募し、下記のとおり今年度事業を採択しましたので、お知らせします。


<選定した事業①>

リユース容器を利用した商品提供プラットフォーム(Loop)

提案者:LOOP Global Holdings LLC 及び TerraCycle Japan 合同会社


事業の内容

 ・食品や日用品を、製品ごとに開発された専用リユーザブル容器で販売し、宅配で配達・回収・再使用する事業。(2020年5月の事業開始に向けて、今年度は洗浄テストや普及啓発等の準備を進める。)
 ・ニューヨーク及びパリでは2019年から開始されている。
 ・現時点の参加企業:
 江崎グリコ株式会社
 サントリー食品インターナショナル株式会社
 プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
 株式会社ロッテ
 株式会社I-ne

イメージ画像

本事業に関する問合せ:

TerraCycle Japan合同会社 

アジア太平洋統括責任者 エリック・カワバタ氏 (連絡先)03-5724-3318


<選定した事業②>

脱石油由来プラスチックに向けた紙製品のクローズドループモデル実証事業
提案者:伊藤忠紙パルプ株式会社

事業の内容
 ・コーヒーチェーン等でアイスコーヒー等のプラスチックカップを紙製のものに変更したうえで、従来はリサイクルが難しかった使用済紙カップを回収して、紙袋に再生する事業を試行する。
 ・実施時期:令和元年10月21日から11月20日まで
 ・現時点の参加企業:
 スターバックス コーヒー ジャパン 株式会社
 日本マクドナルド株式会社(紙カップに一部変更済みのため、回収・再生のみ参加)
 ・実施店舗数:都内7店舗

イメージ画像イメージ画像

本事業に関する問合せ先:

伊藤忠紙パルプ㈱ 経営企画課 工藤氏(連絡先)03-3639-8380


お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。