このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

現在のページ

  1. トップページ
  2. 廃棄物と資源循環
  3. リサイクル
  4. プラスチックの持続可能な利用について
  5. ワンウェイ(使い捨て)プラスチック削減キャンペーン
本文ここから

ワンウェイ(使い捨て)プラスチック削減キャンペーン

ページ番号:783-598-269

更新日:2020年2月5日

ワンウェイ(使い捨て)プラスチック削減キャンペーンについて

 東京都では、「使い捨て型ライフスタイル」の見直しに向けた普及啓発の一環として、都内の大学、オフィスビルと連携し、ワンウェイプラスチックの削減を学生、ビルの従業員の皆さんに呼びかけるパネル展示等を行っています。

1 実施期間、実施場所

大学

実施日

大学名

11月2日(土曜日)

大正大学(巣鴨キャンパス)

11月3日(日曜日)

首都大学東京(南大沢キャンパス)

11月9日(土曜日)

実践女子大学(日野キャンパス)

11月10日(日曜日)

東京農工大学(府中キャンパス)

11月22日(金曜日)

中央大学(多摩キャンパス)

12月20日(金曜日)

早稲田大学(早稲田キャンパス)

オフィスビル
実施日場所
2月17日(月曜日)大手町パークビルディング1F
エントランスホール
2月18日(火曜日)丸の内オアゾ1F 00広場

2 実施内容

  パネル展示、アンケートの実施 等

 *アンケートにご協力いただいた方には、記念品をプレゼントします。

    (記念品には数に限りがあるため、なくなり次第終了します。)

オフィスパネル

3 各大学の取組について

上記に加え、各大学においてもワンウェイプラスチックの削減やリサイクルの徹底に向けて自主的な取組を実施していただきます。

大学名

取組内容

大正大学

プラごみ削減 エコチャレンジ2019・ペットボトルは分別して廃棄・マイボトルの持参、レジ袋の有効活用
・ご飯小さめ丼の販売

首都大学東京

・キャンパス内での廃プラスチック分別の実施

・学生食堂でのリサイクル容器の導入

・キャンパス内にペットボトルキャップ回収ボックスの設置

実践女子大学

・学生によるペットボトルのキャップの回収

・環境・エネルギーゼミの学生による廃プラを素材とした回収箱の作成

・ハブラシ、キッチンスポンジ、コンタクトレンズのケースの回収ステーションの設置

・エコプロ2018、エコプロ2019において学内のリサイクル活動の発表

・プラスチックに関する問題を解決する授業・研究

東京農工大学

農工大プラスチック削減5Rキャンパス

・自販機のペットボトルをゼロに

・学内に給水機を設置

・ロゴ入りマイボトルの販売(大学生協)

・学内店舗での使い捨てプラ袋の廃止

・プラスチック減量の大学グッズ

・2020年から初年次教育で学生への啓発・次世代人材を育成

・プラスチック課題を解決する研究

中央大学

学生による5つのプラスチック削減活動

1 忘れ物傘のリユース活動 

2 CGB(中大・ゴミ・分別)活動 

3 断ろうビニール袋!持ち歩こうエコバック! 

4 パン屋の持ち帰り用ビニール袋の削減を促進するための取組 

5 身近な環境中のマイクロプラスチックの調査 〜環境中にある日常のゴミは何?〜

早稲田大学

・傘はシェアする時代へ!アイカサ(傘シェアリングサービス)の導入

・究極の資源循環に向けて~ボトルtoボトルリサイクルの推進~

・レジ袋を有料化(早大生協)ワンウェイプラごみ削減の第一歩

・サークル「環境ロドリゲス」の取り組み

4 オフィスビルの取組について
オフィスビルオーナーにおいても下記のとおり自主的な取組を実施していただきます。

会社名取組内容
三菱地所グループ丸の内エコ弁プロジェクトとして利用されているお弁当容器にP&Pリ・リパックという
「はがせる」リサイクル容器を導入し、はがした後の容器を回収することでレベルの高いリサイクルを実現

*参加いただける大学を募集しました。

 東京都では、「使い捨て型ライフスタイル」の見直しに向けた普及啓発の一環として大学と連携した施策を展開しています。

≪見込める効果≫

  •  学生の環境意識向上
  •  大学から排出される廃棄物の減量
  •  大学の環境保全活動への貢献

現在、御協力いただける大学を募集しております。5大学程度との連携を予定しておりますが、御協力いただける場合、6月14日(金曜日)までに下記担当まで御連絡ください。

その他御質問や、こういった内容であれば連携できるといった御提案等がございましたら、同じく下記担当まで御連絡いただければ幸いです。

 

施策内容(例):

【東京都】

  •  プラスチックを巡る問題を説明し、マイバッグ・マイボトル等の利用を促す各種広報ツールの作成(リーフレット等)
  •  各種SNSを活用した、キャンペーンの実施 等

【大学】

  •  都作成広報物の掲載・周知。学生向けにマイバッグ、マイボトル等の使用を呼びかけ
  •  学園祭等の行事の際に、リユースカップ等を活用
  •  大学内店舗へ、事業実施の周知・協力を依頼 等

実施時期:

2019年の秋(1ヶ月程度)を予定

 

 

《お問い合わせ先》

資源循環推進部計画課

TEL : 03-5388-3593(直通)

お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。