このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
本文ここから

廃棄物収集運搬車両の低公害化

ページ番号:995-113-828

更新日:2018年2月9日

平成23年度 廃棄物収集運搬車両の低公害化に係る調査結果


 東京都は、架装部分を電動化したごみ収集車(以下、「電動パッカー車」という。)のCO2削減効果等の調査を円滑に進めるため、都内自治体関係者及び架装メーカー等の協力を得て、「廃棄物収集運搬車両の低公害化に係る調査検討会」を設置し、調査検討を行いました。
調査方法は、東京都環境科学研究所の大型車実験室に設置されているシャシダイナモメータ上で、東京23区内の使われ方を踏まえ作成された「ごみ収集走行パターン」等を用いた試験モードで実測の調査を行い、その結果に基づき評価を行いました。
また、実際のごみ収集作業や走行の形態が地域特性等により多種多様なため、総合評価においては、都内の平均的な使用実態に近い条件を設定した上で評価を行い、電動パッカー車のCO2削減効果を検証しました。
今回、その調査結果についてお知らせ致します。
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。報告書(PDF:734KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。資料(PDF:279KB)
 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。参考資料(PDF:192KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は資源循環推進部 計画課です。


本文ここまで

ピックアップ情報 Pick up!

ピックアップ情報

以下フッターです。